5月30日 ロゴス農園日記

こんにちは。ロゴス農園管理部のなってぃです。

農業に関する知識ゼロのわたしたちが日々手探りで作業している「ロゴス農園」のあれこれを綴るこの連載。
前回に引き続き、初めての農作業。今日は苗を植えていきます。

 

素敵なご縁に感謝!

ある日、マーケ部メンバーで札幌の初夏の風物詩「ライラック祭り」をぶらついていたときのこと。

 

何やら、たくさんの苗を売っているテントを発見。

当時、この農園企画を始めようとしていたものの、「苗の調達」をどうしようか考えていたところだったので、そのテントへと吸い寄せられていった次元さんとわたし。

 

お店の方にお話を聞いてみると、なんとその方は農家さん!

農業を営む傍ら、こういったイベントに出店して野菜の苗を販売しているとのこと。

 

ここで巡り会えたのも何かのご縁…農園企画のことを説明し、販売している苗を少しずつお譲りいただけないかお願いしたところ、快諾していただけました。ヤッター!とても嬉しい…!
悩みがひとつ減りました。

 

さらに、「畑を耕すところから始めるなら半日はかかるよ〜」「苗を植え付けるならなるべく午前中に終わるように作業したほうがいいよ〜」など助言もいただきました。
農家さんに悪い方はいないですね…本当にありがとうございます!

いよいよ植え付け。

そんなこんなで野菜の苗をゲットしたわたしたち。

トマト、ピーマン、ナス、ズッキーニ、キュウリなどの定番野菜から、ヤーコンやアメリカで購入したという謎の苗などのちょっと珍しい野菜まで、いろんな種類の苗を少しずつお譲りいただきました。

どこに何の苗を植えるか、区画割りを考えて配置していきます。

 


シシトウや唐辛子など辛みのある野菜とトマトを近くに植えると、トマトが甘くなくなってしまうとのことだったので、離して植えるように配置します。
ポットがカラフルでかわいいですね。

配置が決まったら、実際に植え付けていきます。

 

 

植え終わったら水やりをして終了です。

 



トマトには支柱を立てました。

 


これはカボチャですかね。
(今となってはどれが何の苗なのかわかりますが、この時はまったくわからなかったためちょっとした間違いが起きています。後々発覚します。ど素人炸裂です。)

 


マリーゴールドを植えると、野菜に虫があまり寄り付かなくなる(マリーゴールドが虫を寄せ付けてくれるので。)とのことだったので、畑内の何箇所かに植えました。

 

計2日間で、雑草取りから植え付けまで無事に終わりました。

大きく育ちますように!

 

次回へつづく。

この記事を書いた人

結び目

記事一覧

北海道には美味しいお店、あたたかい人、魅力的な場所がたくさんあります。 この魅力をみなさまにお届けし、みなさまの暮らしをよりハッピーにするお手伝いがしたい。 そうして、わたしたちとみなさまを繋ぐ「結び目」が増えていったら嬉しいです。